街コンの生い立ち

街コンの始まり

大勢の若者がひとつの街に集まって地域が元気になる

地域を元気に

街コンの前身は2011年4月以前に開催した食べ歩き飲み歩きのイベント。震災直後だったためか日本全体が停滞モードで元気がなく、自粛ムードが高まった時期でもありました。
そんな中、「大勢の若者がひとつの街に集まって地域が元気になる」そんなイベントを作っていきたいと考え、街コンを広めました。

ポータルサイトで全国に普及、市民権を獲得

同種のイベントはその時点ですでに事例はあったのですが、全国で10ヶ所くらいと市民権を得るにはほど遠い数字であるうえ、どこで開催しているかもわからない状態でした。
そこでポータルサイトをつくって全国に普及させたいと考えたのです。
当時は「大規模合コン」「巨大合コン」と言われていましたが、ブランドイメージを確立する意味でも、「街コンジャパン」サイトを立ち上げました。
ポータルサイトの立ち上げと並行して、自社でも街コンのイベントを企画・開催しました。
1回目の恵比コン(恵比寿)を皮切りに、月コン(月島)、大宮コン(大宮)、千葉コン(千葉市)と拡大。参加者のカラー、地域性、参加者数など、異なる条件で開催したことで、次第に企画・運営面でのノウハウが蓄積され、よりスマートなご案内方法がつかめてきました。
現在では、街コンを開催したいという企業や団体向けに、企画・運営サポートなどをワンストップでご提案しています。

街コンが支持される理由

普段着の気軽さで出会いとグルメを堪能できる。

街コンは2011年より数百人・数千人の若者が一つの街に集まり、街中の飲食店のグルメを食べ歩きながら、多くの異性との出会いを楽しむイベントとして全国に広まりました。
特別なオシャレも必要なく普段着感覚で参加できる気軽さと、「出会い」と「グルメ」両方を堪能できる点が多くの人に支持されてきた理由でしょう。
異性、同性問わず、いろいろな出会いがあったり、普段なかなか行かないお店へ行ったりと、「初対面のドキドキ感」「食べ歩きのワクワク感」をたっぷり満喫できるのが街コンの醍醐味です。実際に街コンに行って来た参加者の感想や口コミ情報体験談服装について参考になる情報ページもご用意しておりますので是非ご覧ください。

カレンダーから探す

2017年10月
2526272829301
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
303112345

開催地・開催日で探す

検索

PR

キーワードで探す

注目のイベント

主催者から探す

メニュー

全国の街コンを探す
主要都市の街コンを探す
こだわりで街コンを探す